字遊書家 Binaの字遊日記

書道の楷書をベースとして,遊びやおしゃれに使用できる創作書道(名付けて「字遊書」)をご覧ください!!!

底なしの体力

子どもの元気はそこなし


昨日は,1年4ヶ月ぶりの遊園地に

いってきました。

長島スパーランドです。

金曜日には,近くの公園弁当もちで昼前から

夕方まで,思いっきり遊んだ次の日です。

夏になれば,川や山へ頻繁に行きますが,

遊園地にはあまり行かないんですよね。

理由は,料金の問題で高いからなんですが,

遊園地は大好きです。

朝の8時過ぎには,到着し,9時半から開門で

1時間半くらい待つ予定が,予定よりお客さんが

多いということで,9時過ぎに開門に

なりました。

8時過ぎに到着してもすでに,

行列ができていました。

なかなかすごい行列でした。

それから午前中に何個も乗り物に乗りました。

末っ子の身長が110センチちょっと

しかないので,

身長の制限で乗れないものが多かったのですが,

親同伴で乗れるものには乗っていました。

子どもだけで乗れるものはできるだけこどもで

乗らせ親は見ていました。

その方が自立するかなと思って。

十分楽しんでいましたよ。

その間,楽しい乗り物と乗り物の間は

走って移動していました。

終わった後は,次の乗り物に向かってダッシュ

そんなに早く走れるん~って思うくらい

一生懸命走っていました。

合計でいくつ乗ったかわかりませんが,

相当乗りました。

次々走って。

時々60分待ちなどもありますが,

そういう乗り物は刺激が強すぎるので,

子どもの乗り物くらいがちょうど

いいくらいですね。

小学校の高学年くらいになったら,

スチールドラゴンやら

ホワイトサイクロンなどの

大型アトラクションも乗れるのかな。

そんなことを考えながら。

子どもたちの「次あれ乗ろう!!」の

声に小走りで追いかけていました。

楽しかったですが,

あ~疲れた。。。。

子どもは興味があればどこまでも走っていきますね。

恐ろしい体力だ!

手を貸す

手を貸すこと



うちの子育ての方針として,

幼稚園の間は勉強に対してアレコレ言わない。

幼稚園の間は感受性を高めることを

してほしいというものがある。

上の子と真ん中の子が「賢くなるパズル」

を,宿題以外に朝におこなっている。

さすがに上の子には簡単だけど,

真ん中の子には相当難しいと思う。

でも,なんとなくしている。

時々えんぴつを投げたりするし,

ごろごろして「わからへーん」を

連発する。

そして,グズグズ言うのだ。

こうなったら普通は,答えを教えたりする

かもしれませんが,うちはこういう時は

一切教えません。泣きやんだら,

少しヒントを与える。

ヒントというよりは「きっかけ」だ。

そうして「後は考え~~!」

という。

ここでグッと我慢し,

子どもが復活するのを待つ。

そして,しばらくすると

「できた~!」というか

「今日は無理。やめよう」となる。

それでいい。

人を頼らず自分で一歩進むのが大事なのだ。

一番難しいのは,問題でも

解きかたを教えることでもない。

グッとこらえることだ。

朝はこうやって過ぎていく。

    朝学習の担当:相方より



やっと同じ歩幅です。

同じ歩幅で



私の女友達の友人であった相方に逢い,

今まで歩んできました。

当時の相方は,若いくせに相当すれていて,

世の中に期待と不安を持っていて

それを隠そうとしている

不思議な若者だったような気がする。

普通に感じることを感じなかったり,

妙なところでストイックだったりもする。

明日から本を読むを決めたら毎日,何年も読む。

普通,途中で諦めるやろうと思うことを続ける。

いいことはこれくらいかな。

変やと思うことを列挙してみる。



「これいらん」って言ってさっき買ってきた

服やら本を捨てる。

とにかく捨てるのが早い。

いらないと決めたら躊躇なくすてる。

それ私があげたものやん!!って言う間もなく

捨てる。(ちょっと待ってえな!!)



他にも,友達の結婚式に行くのにスーツを忘れて

家まで取りに帰ってくる。

(えっっ!!!それ忘れる???)



朝から散々遊んで,夕方くらいになって,

思いつきで「琵琶湖一周しようか」と言って

返事を待つ間もなく,バイクの2人乗りで

琵琶湖一周する。だいたい200kmくらいある。

6時間くらいかかるかな。

なのに90kmを過ぎてから

「やっぱりやめようか。」と言って引き返す。

(あと15分くらいで半分やん!!くるっと一周

まわれるやん!!!)と言っているうちに

引き返している。

(自分で言出だした癖に,わけがわからんわ!)



眠りながら会話をする。

会話をしているうちに,話がつながらないな

と思っていると「夢を見てた。」って言って起きる。

夢をみながら話が発展し,そこで会話をしている

内容を私と会話をするらしい。

(書いてて意味わからんわ!!!)



病院の診察に行く日を間違えたりもする。

しかも仕事を休んでいるのに。

病院に行って受付で診察券を渡すと,

「今日予約入ってませんよ。」って

言われて初めて気付く。

(本当??どこで間違うの??)

というような,普通100人中100人が

しようなことをするのが私の相方だ。

そんな相方と子育てをしてきて,ありがたいな

と思うことがある。

相方のやることがおかしすぎて

子どもがするちょっとおかしいことは普通だ。

そう言う意味では,腹が据わったような

気がする。

ありがとう相方。私もだんだんあなたの

歩幅になってきたよ。

でも,あなたがしているようなことは

絶対しないから。。。。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村




笑顔と感謝

どんな時も笑顔を絶やさず


子どもの笑顔に癒され,

大人も笑う。

大人の笑顔に,

子どもの頬がゆるむ。

そんな子どもの笑顔は

安心して,幸せそうで,

満足していて,本当に可愛い。

愛らしいという感覚になる。

子は宝。

良く言ったものだ。

毎日の笑顔は当たり前じゃない。

子どもの大人も一生懸命生きていたら,

ちょっと幸せが訪れるのかもしれない。

当たり前は当たり前と思うと

そうなるか?

いやならない。

当たり前ではない。

当たり前が続くとそう思うが,

毎日変化している。

それに気付かず当たり前と思っているだけ

変化のある毎日にありがとう!!

子どもたちにありがとう!!

そうすれば毎日幸せ!!!

それでいいじゃないか。

             (相方より)





人気ブログランキングへ


にほんブログ村




親の期待

ストップ過剰な期待


私たちは夢を持ちます。

自分の夢,家族の夢,子どもの夢。

子どもたちも夢を持ちます。

将来サッカー選手になりたいとか

プロ野球選手になりたいとか。

夢を持つのはとてもいいことです。

モチベーションもあがりますし,

いろんなことが積極的になります。

ところが,親はどうしても子どもに

期待します。

一番良くあるのがいい学校にいってほしい

でしょうか。

いい大学を出ていい会社に就職して

ほしい。

良くわかりますし,もちろん私も

そう思わなくもない。

でも,それは親として安心するだけで

子どもたち本人にとってそれでいいのかどうか

わかりません。

私としては,子どもは子どもの人生があり,

大人は大人の人生があります。

大人の人生の中に,子どもの育児があります。

育児は子どものためにするもので,

大人自身の満足のためにするものでは

ないと思っています。

経験したことを子どもに伝えたいという

気持ちはよくわかるのですが,

子どもにあまりに期待しすぎるのは

子どもがちょっとしんどいかなと

思ったりします。

子どもは親の持ち物でのないので,

道は子ども自身が自由に選んでほしいと

思います。

結果として,それが親の安心する道なら

それが一番いいかもしれなません。

でも,親の安心する道でなくても

相当なことがない限り,子どもの意見を

尊重しようと思います。

それが一番子どもにとって良い道だと

思います。自分で選択したみちなので。

とはいうのものの,私も子どもに対して

期待はするので,できる限り私自身の心の

中に秘めておこうと思います。

期待が子どもにプレッシャーを与えないように。

ただ,育児を一生懸命しているお母さんたちほど

とても難しいことだと思います。

親の過度な期待が子どもをつぶす。

そんなことにだけはならないようにしたいです。

期待しても子どもの成長を妨げないように。

子どもが期待に応えなかっても落胆しないように

したいですね。

子どものどこまで支援するかのように

とても難しいですね。

育児って奥が深いです。

              (相方より)




人気ブログランキングへ


にほんブログ村




親の失敗も糧

親のだめなところ


私が料理をする。

失敗する。

焦げる。小さくなりすぎる。焼きすぎる。

砂糖と塩を間違う。

あっしまった!!

掃除すると失敗する。

あっなんか変なもん吸ってしまった。

お父さん,パン焼きすぎ!!

「これでいいんや!ちょっと焼きすぎ

くらいがおいしいんや」

とういってちょっとした間違いを

押しつけるところがなんと。

プレッシャーやなと思います。

そんなこともしながら,

親も完璧じゃない。

親でも失敗する。だから子どもたちも

失敗してもいいんだよ。

失敗して覚えるんだよ。

そういって失敗を見せるのも

親の育児のひとつだと思う。

これでいいのだ。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村




ともに生きる

一緒に生きて生きていきませんか


子どもが生まれた時のことを覚えていますか?

私は,上の子の時は,20数時間陣痛があり,

出産しました。

自分では難産だと思っていましたが,

出産に平均18時間かかると言われている。と

後で聞いて,普通の安産やったんやなと

思いました。

私にとっては,こんなに長く辛い思いを

した経験がなく,これは大変な経験だと

思いましたが。

うちには子どもが3人おり,出産まで

22時間,8時間,4時間でした。

末っ子の時は3時間程度で生まれるくらい

だったそうです。

3人とも生まれてきた時は,感動していて

涙を流して「やっと会えたね。お母さんよ。」

って言っていたと相方から聞きました。

私はといえば,あまりのしんどさにやりきった

感はありますが,生まれた時何を言っていたか

あまり覚えていません。

ただ,生まれてきた時は本当にうれしかった。

それだけは覚えている。

そして,心で言っていたのかもしれません。

これから楽しいことが待っているよ。

一緒に生きていこうね。



追伸:

一見すると22時間,8時間,4時間と

順調のように見えますが,

陣痛が本当に痛い時間は,上の子も末っ子も

変わりませんでした。

痛かったです。思い出すだけで,トラウマが・・





人気ブログランキングへ


にほんブログ村




頼られる間は・・・。

そうだあなたがいるじゃない


子どもは成長するに従っていろんな興味が

でてくる。

その興味を伸ばしてやるのが親の務めのうちの

ひとつだと思う。

子どもは好奇心の塊で,その好奇心は,

子どもの間はたくさん伸びる。

大人になると,ほとんどの人はその好奇心よりも

周りとの関係に力を注ぐようになる。

当然,こうなので,周囲と調和がとれるのだ。

子どもに至っては,自分の好奇心が優先される。

いや,優先されるべきだ。

その好奇心も,だいたいは,自分で処理し,

対応していくのだが,どうしても対応をできない

こともある。

たとえば,工作をしている時に木に穴を開ける。

重いものを移動させる。何かのイラストを描く。

など。

そんな時は,一旦はこども自信に自分で

やらせるものの,

やっぱり少し手伝ってやりたくなるものだ。

このさじ加減がとても難しくて,

自分でさせることで自立をうながしつつ,

子どもの年齢に応じて,明らかにできないことは

手を貸してやる。

能力よりもちょっと上のことに手をださない。

この見極めがとても難しい。

子どもたちが,

お父さんがいるやん。お母さんがいるやん。

と頼りにしてくれることもだんだん少なく

なってるのかなと思うと少し寂しくなるが,

頼られる間はほんのちょっとだけ手を貸そう!


            (相方より)



人気ブログランキングへ


にほんブログ村




大切な人への想い

自分の大切な人を愛し抜く


子どもたちには,イラっとする。

朝,昼,晩問わずだ。

手をあげたくなるようなこともある。

でも,そこは,グッとこらえて。

そうしているうちにだんだんと落ち着いてくる。

そして,夜は,「早く寝るんやで」と

就寝を促す。

はじめは,しゃべり声がしていたが,

だんだんと静かになる。

少しして,子どもたちの寝ている部屋を

覗いてみると,スースーと寝息を立てている。

なんとかわいい寝顔。

無邪気な気持ちのよさそうな寝顔だ。

これから大きくなるにつれて嫌なことも

あるかも知れないけれど頑張ってね。

そんな気持ちになる。

お母さんたちは,見守っているからね。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村





親になった??

子どもがいるから親になれた


もうすぐ小学校の終業式だ。

来年は,学年がひとつあがる。

真ん中の子が1年生の思い出の

アルバムを持って帰ってきた。

中をみると,入学式から,春,秋の遠足,

運動会の写真や,発表会の写真と

感想が掲載されていた。

そこの中に「命の勉強」というページがある。

名前に込められた想いと出産の時に感じた

事があった。

真ん中の子は,優しく思いやりのある元気な

女の子になってほしいという願いを込めた。

出産のときに,切迫流産になり,全体安静が

続いた。

入院はしなかったが,結構危ない状態だった。

そういえば。。

そんな中で生まれてきてくれた真ん中の子。

気性も私に似てまあまあ荒く,

喜怒哀楽もまあまあ激しい。

イケズはしませんが,まあまあ乱暴で,

末っ子の興味のあるものをすぐに取り上げます。

みててイラっとします。

ついつい

「あかんやろ!!!」って怒ると,

「じゃあ,いいわ!!」と逆切れ。

その態度に私の2本目がキレる。プチンと音が

するかのように。

「今,なんて言うた!!!」

「もう一回言うてみぃ!!!」と,九州

出身とは思えない関西弁になってしまう。

真ん中の子は,泣いているが私の怒りが

おさまらない。

「お前,それが親に向かって言う言葉か!!」

とまるで相方のような口調になる。

上の子と末っ子は,とばっちりの跳んでこない

距離でおとなしく息をひそめている。

とまあ,これがわが家の夜の姿。

朝はばたばた。夜はキレギレと。

大抵スムーズに運ぶことはない。

それでも手を上げない私。

えらい!!(笑)

こうやって自分を褒めておこう!!

子どものおかげで少し我慢強くなった。

こうやって親になっていくのかな。



追伸:本当は,

   切迫流産で生まれてきてくれた

   真ん中の子。ありがとう。おかげで私は

   親になれたという流れかなと思いきや

   やっぱりまだまだ親になるのは程遠い。

   半人前。書道も親も修行中!!!!

   頑張れ!!!私!! 

   頑張ろう!!!みんな!!




人気ブログランキングへ


にほんブログ村




整理整頓

整理整頓

うちは,リビングの横に子ども部屋があり,

寝る以外のほとんどの生活の時間はリビングか

子ども部屋ですごす。

子どもが過ごす場所と言ったら???



「散らかる」です。

うちの家は,自慢ではありませんが,お客さんが

来る時(来る瞬間)又は相方がキレる。

この2通り以外の時間は散らかっています。

夜,寝て朝起きてみると,怒りを覚えるくらい

散らかっています。

とにかく物が多い。

自分の物を机に置かない。

服は脱いだ状態でほったらかし。

この場所でどういうふうに脱いだかが一目瞭然で

わかるようなくらいの状態。

鉛筆や消しゴムは当然転がっているし,

酷いのは,お菓子の袋(飴ちゃんの袋など)

の量です。

この袋はいつ頃???

って言いたくなるようなものがどんどん出てくる。



相方がキレる時は,洗濯物は洗濯機に入れろ!!

落ちているごみを拾え!!

服をかたずけろ!!

いらんもんを捨てろ!!

見栄えを,きれいにしておけ!!など

の指示があったらだんだんきれいになっていきます。

まず,いつも部屋がきれいであってほしい!





人気ブログランキングへ


にほんブログ村




時間がない。

時間はつくるもの


わがやの朝は,バタバタである。

子どもたち早起きをするのですが,

春のうららで起きてもしゃきっとしない。

そして眠たい。

起きても,リビングでごろごろして

だんだん時間が過ぎていく。

7時前には,朝ごはんができている。

小学校の集合場所に集まるのが,7時45分

集合場所まで,30mくらい

家を出たら息を止めても行けるくらい。



「ご飯できたで~」

毎日のように繰り返される。

そして,ゆーーーーっくり朝ごはんを食べる。

子どもたちは前日に学校の準備を

しているはずなのだが・・・・。

当日の朝になって

「あと10分で行く時間やで」

私が優しく言う。

「上靴がない!!」

「体操服がない!!」

「給食のエプロン洗ってなかった!!」

「なんで今頃洗濯物だすの!!」

イラっとして言ってしまう。

「髪の毛くくって!!早く!!」

「もう,時間がない・・・」

「何ぼでも時間あったやろ!!」

つい切り返してしまう。

「わかってるわ!!」

「時間が間に合わへん!!」

「わかってるわって誰に言うてんの!!」

怒りを抑えられなくなる。

「もう,間に合わへん,最悪や」

そう言って,家を出ていくのです。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村




末っ子の思わぬ行動

はんぶんあげる


今日,3年間幼稚園で成長した年長児の

卒園式に末っ子が参加した。

在園児の代表として,お歩きさんのみんなが

参加したのだ。

卒園式は,感動のものとなり,

涙を流す母・父。

その感動をものともせず,

滞りなく役目をまっとうした末っ子。

少しの充実感を胸に,

先生に呼ばれて集合する。

末っ子の幼稚園では,バス登園の園児が

入園式に,お歩き登園の園児が

卒園式に出席するのが習わしなのだ。

そして,恒例の大役を務めたお疲れ様の

意味と卒園式を終えためでたさの

御裾分けの意味を込めた紅白まんじゅうを

手にするのだ。

紅白まんじゅうを手にした末っ子を含む

園児達は,先生に促され帰りのあいさつをする。

「帰りのご挨拶しましょ。さようなら」

「さ・よ・う・な・ら」と園児達が声を

揃えて合唱する。

園児たちは散りじりになりそれぞれ保護者の

ところやじゃんぐるジムに向かう。

グラウンドで遊ぶ園児,ジャングルジムに登る

園児,引き続き先生と話をする園児。

様々であるが,以外にも末っ子は一目散に私も

もとに駆け寄る。

そして耳元でささやいたのだ。

「お母さん,いつもご飯作ってくれるから

僕のおやつ半分あげるね」と。そして「チュッ」

驚いた母は,少したじろぎながらも,

末っ子に「ありがとう」と感謝の気持ちを

込めてチュッと返す。


末っ子の得意技は,「ヒップアタック」

(お尻をだして)「ぶりぶり~」

そんな意外な末っ子の姿にキュンときた。    

(Binaの証言をもとに文章に再現した相方より)




人気ブログランキングへ


にほんブログ村




友達の輪,近所の輪

身近なところで築く

土曜日,近所で集まりました。

親も同年代,子どもも同年代です。

みんなで料理を持ち寄りました。

唐揚げ,焼きそば,どて焼きに,バケットの

上にデリシャスなおかずがのったパン

,キムチ鍋とどんな量やねん!!って

突っ込みたくなるような量でしたが

みんなで集まるとホント楽しいです。

やっぱり近所のつながりって大事ですね。

私たちは,親として子育てをしているわけですが

親の助けなし,近所の助けなし,友達の

助けなしではやっていけません。

そんな時に,近所の助けがあるとホント

助かります。

やっぱり近所のつながりって大事だなって

思います。

こんな近所でいろんなことができることが

幸せに感じます。

近所でいろんな話をするのも楽しいし,

同級生の成長や子どもそれぞれに個性があって

楽しいですね。

大人もそうですが,同じように教育を

受けている子どもでも全く違う。

個性があってほんと楽しいですね。

私はといえば,最近の忙しさに疲れが

溜まったことを手伝って,お酒を飲んで,

しゃべってウトウトしてしゃべってウトウトして

のくり返しで,大変失礼しました。

ブログでお詫び申し上げます。

それはそれとして,いざという時はやっぱり,

身近な友達は大事ですね。

近所でもっと大きな幸せの輪になったら

いいなと思います。

          (相方より)

子どもの好奇心

好奇心旺盛な


うちの子どもたちは,今鳥にはまっています。

近くの公園にデジカメを持っては鳥の写真を

撮って,プリントアウトして,A4の紙に

貼って,図鑑で調べています。

(おかげでデジカメが1個壊れてしまいました)

最近の土日は,鳥のいる公園に連れて行ってと

せがまれます。

ということで,何度か鳥のいる公園に行っている

わけですが,それでは納得せずに,

5月頃にツバメが来るので,

巣をつくって観察したい

と強く願ったので,作ることにしました。

といっても,どんなものかはっきりと

わからないので,ネットで調べると,

どうも人が出入りする玄関付近がいいと

いうことがわかりました。

そこに20cm×20cmくらいの板のような

ものを置けばいいような感触だったので,

さっそくダイソーに行ってつっぱり棒を買い,

家にあった板を使って巣の土台?を作りました。

もちろん私が作った方が早いのですが,

せっかくなので兄弟総出で作りました。

切ったり,針金で固定したり。

最後の固定だけ私がしましたが,

それ以外はほとんと子どもたちで。


「どんなツバメが来るんかな?」

「いつ頃来るんかな?」

「5月くらいやろう?」

とか言いながら一生懸命作っていました。


そんなことに期待をしながらツバメが

やって来てほしいと願います。

お願い来て,ツバメさん!!

            (相方より)


人気ブログランキングへ


にほんブログ村




先生のあふれる愛

愛の泉から溢れる涙


昨日は,幼稚園の終業式でした。

卒園式ではないので,クラスは変わっても

年長さんになったらみんなと逢えます。

だから,卒園ほど寂しくはないものの

この年中さんで末っ子が大きく成長しました。

まず,しっかり話を聞けるようになりました。

しつこさは変わりませんが,

ひらがなが少し書けるようになっていました。

それから一番大事な人を思いやる心が

成長していました。

私が,疲れていると枕や布団を持ってきてくれます。

2階から兄弟で布団を持って降ろしてきてくれます。

その「人を思いやる心」は

なくさないでいてほしい。

これ以外に,友達がいっぱいできたこと。

年少さんの時は近所で遊ぶことが多かったけど,

今はクラスの友達と遊んだりします,

それが年中さんで成長した末っ子の感想です。

末っ子を1年見て成長を見守ってくださった

幼稚園のE子先生に大感謝です。

E子先生本当にありがとうございました。

また,昨日は,年中のクラスの最後の日

なので,

先生からクラスのみんなに

最後のお話がありました。

涙ながらに感謝と寂しさを伝えてくださった先生を

見て,末っ子が号泣していたそうです。

末っ子にそんな心が育っていることに

驚きとうれしさを感じることができました。

E子先生に私の感謝の気持ちを込めて字遊書を

プレゼントしました。

喜んでいただけるか心配でしたが,

泣いて喜んでもらえました。

感激してくださいました。

うちの末っ子は,このE子先生の愛情で

成長させていただいたのだなと

感じました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。

来年も担任になることを祈りながら

よろしくお願い致します。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村




頑張りが与えるエネルギー

人が頑張っていたら

昨日はホワイトデーでした。

末っ子が,私に手紙を書いてくれました。

真ん中の子が,末っ子が書いている手紙を

みて私も頑張らなくっちゃと,

ピアノの練習を始めました。

ピアノを習って3年くらいになりますが,

だんだん上手になってきました。

それまでは,ピアノを習っていても

楽しいのかな??と

感じていましたが,今回の練習で

たいぶ上達したみたいで,

「ピアノ楽しい!」と言っていました。

そういう人が頑張る姿はエネルギーを

与えますね。

真ん中の頑張りを引き出すような

姿を見せれる末っ子に成長を

感じた日でした。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村






旺太郎の手紙

子どもと自分をそだてる

子育ては自分育て


私たちは9年前に親になった。

子どもが欲しくてたまらなかった。

子どもってどんな感じなんだろうって

どんな毎日何だろうって

とても興味があった。

以前の記事で書いたとおり

私は父親とはそりが合わなかった。

母には今も感謝でいっぱいだ。

そんな母からもらった愛情を

自分の子どもにはたくさん注いで

あげようと思っていた。



子どもが生まれるといろいろなことを

制限される。

自分の時間は無くなってくる。

Binaは,育児で毎日疲労一杯だ。

私も仕事が忙しくなってきて,

家にいる時間が短くなる。

今までにしていたことができなくなる。

そんな時間や労力が無くなってくる。

もちろん家事も手伝うし,育児も手伝う。

夜泣きをすることもあるし,

吐くことも頻繁にあった。

高熱が続くこともあった。

そんなことで毎日追われるような日々を

過ごしていた。

愛情を注いでいるのかな。

そんな疑問もたくさんあった。

これでいいのかな。



そう思いながらも,子どものおかげで,

辛抱強くなった。笑うことが増えた。

夫婦でもめなくなった。

目も開かない赤ん坊から毎日成長している。

教えたことや私が日ごろしている癖を

子どもが真似をした時は本当にうれしい。



子育てしていて良かったなと思う。

ホントうれしい瞬間だ。

子育てって義務な部分もあるけれど,

今は子どもの成長を見ているのが本当に楽しい。

することが,赤ん坊から幼児へ,

そして,児童に変化していく。

言うこともまっとうになてくるし,

大きなことを言うこともある。

イラっとするけど成長を体験できる。

こんなことをいろいろ見ていると,

子育てを私自信が楽しい出来事のように

感じている。

そして,私自信が子どもに成長させて

もらっている。

そう感じる。

子どもにも感謝したい。

ありがとう。

そして,大きく強く成長してほしい。

              (相方より)



人気ブログランキングへ


にほんブログ村




めぐり合わせの縁

縁の書


えん。

結婚は縁や。

出会いは縁や。

私のおばあちゃんはよく

「縁」と言っていました。

当時の私は,「縁」って??

と言う感じで,あまり意味がわかりません

でした。

御縁があるとか縁結びなど。

縁を担ぐ人は多い。

奇跡を信じているのか。

目に見えないものを信じているのか。

私は,「縁」というか「めぐりあわせ」は

あると思う。

広くは縁だと思うが,

良く考えてみると,私がBinaと出会ったのも「縁」

結婚したのも「縁」

子どもたちと出会えたことも「縁」

やっぱり縁って大事だな。

良縁と悪縁がある。

厄払いと言われるように男性女性には,

前厄,本厄,後厄があり,そのころには

体の不調をきたすころだということだ。

今私は,子どもたちにめぐりあえたこと。

そして,Binaと共に,大切なブロ友さんと

めぐり合えたのも縁だと思います,

たくさんの事を教えていただいたし,

私はともかくBinaは少しで良かったと

思ってもらおうと書を書いています。

そんなこんなで,あってないようなもの

それは「縁」。

出会いとも言うかもしれない。

めぐり合わせ。

これらも縁です。

縁も大切にしようと思います。


              (相方より)

日本のきずな

きずな2


2年前の3月11日。

14時46分東日本大震災が発生しました。

その時,私は仕事で3階にいたのですが,

ゆっくりした長い横揺れにかなり恐ろしさを

感じました。

いわゆる初期微動が長かったので,

関西から遠いところで,大きな地震が

発生したのだと感じました。

ただ,まさかあんなに大きな津波がくるとは

思っていませんでした。

2日後,仕事で一旦現地に派遣され,

2週間後,約1週間現地に派遣されました。

現地の惨状はものすごいもので,

大量のがれきが海も見えない位の距離まで

襲っていました。

がれきとは,もともと家の柱や梁や壁,

床などです。

山のふもとまでがれきが押し寄せており,

その中に入るのに相当苦労しました。

至るところでがれきの山がありましたが,

がれきの量が今まで見た量と比較になりません。

がれきの山と言っても普通身長より大きい程度

でしょうけど,その時は3階建物くらいの高さが

ありました。

そこそこ大きいハイツや小さめのマンションが

埋まるくらいの量がありました。

道路も2週間してやっと車が1台通れる程度に

広げられていた程度でした。

復興??と思うくらいどうしようもない状態でした。

一体どうしたらいいのか??

手も足も出ないというのはこのことだ

と感じました。

鉄筋の建物の上に船があったり,

骨組みだけの建物など悲惨な状態でした。

生きる気力がなくなったような方もいましたし,

抜け殻になったような方もいました。

その中でも避難所で,笑って生活されている方や

ボランティアの方が一生懸命活動をされていた

事がとても印象的でした。

私も被災者の方に元気づけられました。

そんな状況の中でも,食べ物をわけたり,

お互いいろんな話を聞いていたりと,

日本は捨てたものじゃないな。そう感じました。

私が現地に派遣されて日本人の絆の強さ,

心の強さを感じられたことが一番力になりました。

「絆」。言うのは簡単ですが,

私は,この時を境にして,人を大切にしようと

誓いました。

「情けは人のためにならず」

人を大事にすることが本当の力になると

確信しました。

現地への派遣で,たくさんのことを教わりました。

現地の皆さん,ありがとうございました。

まだまだ大変な毎日ですが,

日本が絆で結ばれていると思います。

災害に負けないでください。

応援しております。

              (相方より)



人気ブログランキングへ


にほんブログ村





身体を大切に

たまには自分にかまってあげて

この前,人間ドックに

行ってきました。

Binaと受診しています。

母が病気になってから毎年受診しています。

やっぱり体のメンテナンスって

大事ですからね。

幸い悪いところもほとんどなく,

大丈夫なようでした。

Binaは至って健康で,

悪いところは何もありませんでした。

私は,軽い胃炎と,

いわゆる腎臓に石がありますと。

特に症状がなければ,大丈夫だそうです。


とりあえずは,ひと安心です。



Binaも私も子どもたちに一生懸命です。

毎日追われる日々の中で,

ついつい自分の体には,

無頓着になることがあります。

無頓着と言うよりも構ってられない。

そうなのかもしれません。

そんな中でも,親たちは倒れることが

できないですね。

子どもたちが成長するまでは。

それが親の務めかなと思います。

あふれる愛を子どもたちに。


                 (相方より)



人気ブログランキングへ


にほんブログ村




ありがとうの花

ありがとうの花


先日,末っ子のお弁当パーティーがありました。

と言っても,特別な行事ではなくて,

子どもたちと一緒におべんとうを

一緒に食べる行事です。

びっくりしたことがあります。

幼稚園の先生の計らいで,

その弁当パーティーの後に

クラス全員で,歌を歌ってくれました。

その歌が

「ありがとうの花」という歌。

子どもたちは,お母さん,お父さんには内緒

ということにしていたようです。

いつもならついついしゃべってしまう

末っ子も,もう大きくなったのか

黙っていて驚かそうとしていたようです。

サプライズに,不覚にも?ほろりと涙を流して

しまいました。

クラス全員で一生懸命歌っている姿に

成長を感じられた瞬間でした。

上の子,真ん中の子に隠れて少し

ほったらかしぎみの末っ子でしたが,

勝手に??しっかり成長していました。

上の子や真ん中の子から学ぶことも多い末っ子。

親が手をかけようとすると,

上の子や真ん中の子に

親をついつい手を取られてしまう。

温厚な上の子に主張する真ん中の子

自由奔放な末っ子。

そんな上の2人に囲まれながらしっかり成長

してくれてありがとう。

お母さんとお父さんに

ありがとうの花が咲いているよ。





人気ブログランキングへ


にほんブログ村




ありがとうのつながり

ありがとうのつながり


ありがとう。

言われて嫌な気持ちになる人はいないだろう。

ありがとう。

でも,ちょっと恥ずかしい。

ありがとう。

言われるのも恥ずかしい時がある。

ありがとう。

すごく力がある言葉なんだよ。

ありがとう。

これで人の輪が広がるよ。

ありがとう。

普通に言えるようになってほしい。

子どもを本気で怒る。でも,本気で

ありがとうって感謝する。

子どもからみると恥ずかしいのかもしれない。

でも,私には自信がある。

間違ったことは違うと本気でいう。

手伝ってくれたら本気でありがとうって

感謝する。

わが家では,ありがとうが言いにくい

環境にはしたくない。

ありがとう。ごめんなさい。

そんなことがごく自然に言える環境を

整えたい。

そうすればこどもは素直になっていく。

自然に素直にいられる家族。

素敵だと思う。

だから私は,ちょっと恥ずかしいことも

躊躇せずにあたりまえにしたい。


            (相方より)



人気ブログランキングへ


にほんブログ村




疲れをとる

疲れたらたっぷり食べて寝る


子どもが生まれ,3人生まれ,

成長していく。

子どもたちもだんだん大きくなって

いくということは

当然,私も歳を重ねていく。

いわゆる歳を取っていくことだ。

年齢を重ねるのはいいが,

だんだんと疲れが取れなくなる。

疲れが残る。

これが若い時との差だ。

1日頑張る。これは何とかできる。

2日・3日となれば息切れが・・・

前日の疲労の回復力が変わってくる。

これは問題だ。

でも,これは仕方ない。

年齢を重ねるってそういうことなんでしょう

その分ケアをするしかない。

マッサージをするとか,

食べ物に気を使うとか,

寝る時間を増やすとか。

人は本来,食べる,寝る,動く

で成り立っているので,

疲れたら寝る,食べるが一番なんでしょうね。

これが一番疲労を取るに違いない。

でもね,食べて,寝るのは,のちのち

えらいことになるので注意しましょうね。

若い頃は「食べて,寝て」も大丈夫だけど,

アラフォーなので,「寝て,食べる」ことに

しましょう。

これもケアです(笑)




人気ブログランキングへ


にほんブログ村




母・ありがとう

夕紀子母さん


夕紀子お母さんと言うのは,私の母です。

祝・還暦とありますが,その時は

もういません。50代前半で他界しました。

生きていたら,昨年還暦でした。

Binaが書いてくれました。

母が他界してからもう7年経過します。

私にとって母は大きな存在でした。

私は,3兄弟なのですが,子どもの前では,

父の愚痴やら仕事の愚痴は一切口にしません。

私たち息子を見守っているものの

「あれしなさい。これしなさい」とは

言わない。

自分の事をえらそうに言うこともない。

でも,私たち子どもにしっかりと成長

しなさいと食事には手を抜かない。

私は,子どもころ,家族で外食に行った

記憶がほとんどありません。

ちょうど今の上の子の年齢くらいから

パート(ほぼ常勤)で仕事をし始め,

毎日子どもより遅くに帰宅し,しっかり

食事を作る。毎日疲れていたと思うけれど,

しんどそうな顔をしない。

洗濯物をたたみながら

いつもうたた寝していた。

そんな母を何も言わず,

手伝うようにしていた。

母から「ありがとう」と言われても

「ん」と愛想なし。

恥ずかしいから。

そんなことが続いていた。

私も好きなように生活していた。

怒られることもあったが

ほとんど無視。

聞いていなかった。

しかし,反抗することはなかった。

それも仕事をし始め落ち着いた。

思春期くらいから母に

反抗したことはない。

そんな苦労をした母に

反抗なんてできない。と思っていた。

その代わりその分,親父に反抗した。

母とは正反対の性格だった。

そのころからまともに口を利かない。

結婚の前後10年くらいはほとんど話した

記憶がない。

母は上の子が生まれてすぐに

病気になった。

真ん中の子が生まれて病気が再発。

真ん中の子が歩くかどうか時に

他界しました。

私の記憶の中で,母はとても

大きな存在。

その母を超えたいと思う。

母が目標の一人だ。

大きな目で見守りながら

あれこれ言わない。

そう思いがながら

子どもたちに向き合っていきたい。

夕紀子お母さん本当にありがとう。

         (相方より)



人気ブログランキングへ


にほんブログ村




周りにみんないるよ

心配しないでひとりじゃないんだよ


最近は,上の子が一人で留守番を

できるようになった。

真ん中の子はまだ一人では無理で,

子どもたちだけで

やっとできるようになったかな。

私たちの小学生のころは留守番だけじゃなくて,

いろんなところに遊びに行ってたような気がする。

上の子が一人で留守番をできるようになるまでに

少し時間がかかったかな。

子どもたちだけで留守番は

ちょこちょこしていたのですが,

一人では留守番しなかったような気がします。

そんな上の子もだんだん一人で留守番が

できるようになってきました。

とは言うものの,あまりに長く

3時間以上になると留守番が不安なのか,

心配するのか,電話がかかってきます。

ちょこっと食材の買い物程度なら大丈夫です。

まだまだ子どもやなと思いながら,

成長をうれしく,また寂しく思いますね。

そんなに不安がら無くても大丈夫。

一人じゃないぞ。

お父さんもお母さんも兄弟もいるぞ。

ただ,時々こっそり帰って,

「あわぁっ!!!!」って脅かそうかなと

いたずらごころが。。。。

どんな風に驚くんやろう??

その驚いた顔を想像しただけで,

ムッフッフ




人気ブログランキングへ


にほんブログ村




雛まつりの想い

我が娘に思う

3日は雛祭りでしたね。

うちも世間と同じくお雛さんにしました。

ちらしずしとてづくりケーキ.

私は,3姉妹だったので,雛祭りは家族でも

メインイベントで育った。

相方は3兄弟だったので,雛祭りには無縁。

何???って感じだ。

女子の日や!

というとなるほど!!という程度。

内は,あまりホールケーキを買いません。

子どもたちが市販のケーキがあまり

好きではないのと,割と高めの値段が原因。

そのかわり,バナナとイチゴとオレンジの

缶詰を買ってきて,市販のスポンジに

カスタードクリームを生クリームを

トッピングする。

これで十分満足のようだ。



ケーキ

しかし,毎回バトルが起きる。

上:上の子 中:真ん中の子 下:下の子
父:相方  母:Bina


父:「今日はお雛さんやから中が最初に

             分けてあげよう」

父:「次は,小さい子からやから,

           下に分けてあげよう」

上:「お母さんが先やで。」

下:「そうやで。」

父:「わかった。そしたら次は母な」

父:「その次は,大人のお父さん」

上下:「ずるーい。子どもからやで」

父:「わかった。次は下。その次は上な」

父:「そしたら残りはお父さんな」

上中下:「ずるいで。そんなんなしやで!!」

父:「いらんやろ(笑)だからお父さんが

               もらう!」

上中下:「いつもお父さん,

       いっぱい食べてるやんか!!」

父:「あたりまえやろ!いいか,

         うちは,弱肉強食やで。
  
   食べられなかった者が悪い。

   食べたければ自分で何とかしなさい

   文句を言って自分のものにしよう

   なんて甘い!!

   世間はそんなに甘くないぞ!!!」

上中下:「わかったわ。おとうさんより

             早く食べるわ」

上:「はよ,いただきます しよう。」

いただきます。と言ったかどうかという内に

3人の子どもたちは食べ始めて,3人とも

しっかりおかわりしました。

しっかり世間をわかって行けそうです??

父は想う。

人に迷惑をかけないように,

思いやりを持って,

3人ともしっかり自分の思う人生を

楽しんでほしい。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村




手づくり市2

手づくり市250302


手づくり市の2回目を出店しました。

同じ場所です。

今回は,低気圧の影響で前回よりも

気温が低かったので,1日寒かったです。

昼からは雪がちらついていました。

北風が強くて,時々北西の風の突風が

吹きました。

タープ跳びそうになって屋根をはずしたり,

雨が降ってきたので,屋根をつけ直したりと

とても,厳しい状況でした。

はがきは跳ぶし,フレームは落ちて

割れたりと,風にやられた1日でした。

その中でも周囲の方がいろいろと手伝って

くれました。

はがきを拾ったり,屋根をつけたり外したり,

突風で跳びそうなタープを押さえてくれたりと。

ホントの周囲の方とお客さんの助けのおかげで

乗り切れました。

本当にありがとうございました。

私一人では厳しかったです。

人の優しさがありがたいと思いました。

ありがとうございました。

いつもならくじけていたところを

なんとか持ちこたえられました。

自然のような

どうにもならなことでくよくよしない

自分で書いた書で気合いが入れ直せました。

成長したような気がします。

→ また一つ成長したね


本当にありがとうございました。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村




始めるときは

始めるのにておくれなんてない


(~相方より~)

うちの子どもたちが鳥の写真を撮り初めたと

紹介しました。

(Binaが書いた無いようですが,ブログとして

紹介という立場で書きます。)

子どもたちは,新しく始めることいっさいの

抵抗がない。

いまさらとかいい年してとか。

私は,不思議に思う。

「いい年して」よく言われますが,

誰が大人になったらしたらアカンと

決めたんでしょうね。

大人になってもいい年してもそれがいいと

思うならしてもいいんじゃないかな。

特に,中年になって若者のやっているこ

とを真似をすると

たちまちいい年の標的になります。

なぜなんでしょうね。

これは,明らかに可能性をつぶしている

ような気がします。



大人になって書道を再開する。

一部では「大人やし,もういいやん。」って言われます。

(Binaの場合)

大人?もういい?誰が決めたの?ってなります。



新しいことを始めるのは抵抗があります。

子どもと大人では年齢くらいの抵抗感の差が

あります。



だから子どもは新しいことをどんどん初めて

成長するんですね。



考えれば単純に新しいものにどんどんチャレンジ

している。

だから著しく成長するんですね。

だからうちも今年はいろんなことに挑戦します。


(できだけBinaの記事から違和感ないようにていきます。)


学びと気付き

気づけば学ぶの繰り返し



おはようございます。Binaの相方です。
いつもBinaが皆さんにお世話になっております。
私もいつもみなさんのブログやコメントを
拝見させていただております。
本当にありがとうございます。
Binaが,子どもの小学校の行事などで
忙しくなってきましたので,
記事は,場合によっては,私が書かせていただくことも
出てきそうなので,報告させていただきます。
字遊書については,引き続きBinaが書きます。
私は筆で文字が書けません。
ただ,Binaとは育児の考えや話すこと似ているので,
一見そんなに変わり映えしないかもしれません。
よろしくお願いします。



子どもたちは,「わからない」とよく言います。

知らないので,「わからない」のですが,

わかったら余計にわからないことが増えます。

初めに「わからない」という時は大きな枠で

わからないのですが,

後の「わからない」は,わかっている部分と

わからない部分がはっきりしてきてわからない

なのです。

いいかえると「わからない」部分がわかった

ということにもなります。

大人でもそうですが,わからない部分がはっきり

すると気持ちがすっきりします。

次はわからない部分のみをわかるようにするだけ

なので簡単になります。

学びにも同じことが言えます。

学べば学ぶほどわからなくなるというのは正しい

ことで,学ぶことでわからない部分に

気づくことができるのでしょう。

だから,学べば学ぶほど,広さ深さに気づく。

だから,学べば学ぶほど気づきが

多くなるのですね。

人生,わからない部分が多いほどおもしろい。

と思います。



ここまで書いてBinaから文章が堅いとのダメ出しがでましたので,
次回からは,柔らかい文章で書きます。(相方より)





人気ブログランキングへ


にほんブログ村




名 前 詩 の 制 作 中

IMG_2733(2)

プロフィール

家族イラスト 母
名前:Bina
特徴:小学校6年生で
   書道準8段。
   ただ今,長年のブランク
   明け修行中。
   ご訪問の際は,ぜひ
   コメントお願いします。
   とってもうれしいです!
   ありがとございます。
家族イラスト 父
名前:相方(お父さん)
特徴:アラフォー世代
   筋肉バカ
   燃費が悪く無駄に熱を発し
   食費がかかる張本人
   体を動かすのが趣味
   超ストイック
家族イラスト 唯
名前:上の子
特徴:鳥と魚とサッカーが大好き
   少年。ゲーム大好き
   中学2年生
   身長急成長
   性格は温厚で平和主義
   相方に酷似
   典型的なB型
   超・めんどくさがり
    家族イラスト 小 (修正)
名前:真ん中の子
特徴:元気のいいわが家の姫
   小学6年生
   まあまあと独裁主義
   正義感が強い
特技:結局押し通す派
   最近はやさしくなって
   お手伝い上手
   スイーツ作り
家族イラスト 旺太郎
名前:下の子
   自由主義・のんき
   しつこめな性格
   尊敬する人は,
   野原しんのすけ
   小学4年生
特技:ブリブリーブリブリー
   カンチョウ
   キレる。笑わせる
   癒しを与える
   最近,急成長              

minneで販売

これまでのお仕事

〇 手づくり市で字遊書販売
〇 日めくりカレンダー
〇 名前・家族の字遊書を販売
 (誕生日・還暦祝・結婚記念日
  ・出産祝など)
〇 名刺作成
〇 年賀状・暑中見舞いデザイン
〇 ポストカード
【めずらしいお仕事】
〇 お店の看板制作
〇 ぽち袋オーダー販売
〇 お店のメニュー表制作
〇 トートバックのデザイン
〇 畳屋さんのロゴマークの
  デザイン
〇 ホームページのバナー作成
〇 墓石のデザイン

私の仕事道具

ペンてる

私の字遊書家としての武器? 
「ペンテル」の筆ペン
なんの変哲もないペン
弘法筆を選ばずっていうけど
私にはこれが一番!!

字遊書家Bina

Binaバナー1-2 (wide190)

最新記事
カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ありがとうカウンター

天気予報!!

明日は晴れるかな?


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

IICHI 販売はじめました

iichi_190x190_b -

お知らせ!

☆日めくりカレンダー
作りました。
お問い合わせは,記事下の
「ホームページはこちらから!」
までお願いします。

【ご注文・お問合わせ】

お名前だけで大丈夫!

誕生日,結婚祝い,還暦などの
お祝いに 名前の詩を送って
みませんか?

ご注文は右側の
「お問合わせはこちらから」か
記事の下の「HPバナー」から
お願いします。

【サンプルフォト】

お問合わせはこちらから

お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容:

このブログへのお問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

ランキングバナー

良かったらポチっお願いします。
ポチっとお願いします。
↓↓ポチっとお願いします↓↓

人気ブログアクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント