字遊書家 Binaの字遊日記

書道の楷書をベースとして,遊びやおしゃれに使用できる創作書道(名付けて「字遊書」)をご覧ください!!!

また逢える日を願いまして

また逢える日を願いまして


本当なら明日は,手づくり市の日です。

いつも出店している場所です。

毎月決まった日なので,出店させて

いただいているのですが,明日は,

子どもたちの土曜参観があります。

うちの小学校は,だいたい毎月参観があるのですが,

お父さんのため?か土曜参観があり,

その日はしっかりと出し物?をします。

毎月の参観は,通常の授業なのですが,

この日の参観は,ちょっと特別なことを

します。

ということで,今回は,出店ができません。

残念です。

次の月は出店を予定しております。

また,逢える日を楽しみにしております。


ホームページはこちらから!!!

やると決めたらからには絶対にやり遂げる

やると決めたらからには絶対にやり遂げる



うちは,子どもたちに家事を強要?手伝いをさせています。

相方の意向で,子どもたちには,遊びも勉強もしてほしい

ですが,家事もしっかりしてほしいと思っています。

洗濯物をたたむとか干すとかトイレ,風呂の掃除などです。

お駄賃制を取っているので,すればするほど

こづかいは増えます。

元々はそういうことで始めたのですが,子どもたちが

家事を手伝うと,親が負担が減る分違うことに労力を

使えるようになります。

例えば,親の負担が減った分,仕事に時間を充てられたり,

どこかに連れて行けたりします。

家族での遊びを考えられたり,子どもの能力が上がります。

そして,テレビ,ゲームの時間が減ります。

親のイライラが少なくなり,怒られることも減る??

なので,相方の考えでは,家事を手伝うということは,

子どもたちにとって3倍も4倍もいいことが戻ってくる。

ということになります。

当然,親がするほどうまくできないこともあるので,

一緒に見てあげる必要があるものもあります。

それでも,自分たちでしてくれるのは,親としても

助かります。

先日は,上の子が洗濯物をたたむと言って,

2日分しませんでした。

偶然,仕事から早く帰宅した相方は,そのことに

怒りをおぼえたようで,

「するならしろ!しない・できないならすると言うな!」と

諭しました。

しないなら家事をする方も段取りが組めます。

すると言ってしないのは,だまされたと変わりません。

段取りが大幅に狂いますし,期待した分,「え~」という

気持ちも大きくなります。

だから,相方は一切上の子の言い訳を聞かず,テレビを

消して一心不乱に洗濯物をたたませました。

私は,「もういい。そんな嫌嫌されても・・・」と言いましたが

相方は「自分の言ったことに責任を持たせる必要がある。

幼児じゃない。もう10歳だから,できることとできないこと

くらいわかる。できない理由がテレビ?絶対にない。」

そう言ってたたませました。

その相方の圧力?を感じた上の子は,すっとテレビを消し,黙々と

洗濯物をたたんでいました。もちろん相方も手伝いながら。

責任を持たせることはむずかしいですね。

ホームページはこちらから!!!

さみしくないよいつも一緒だもん

さみしくないよいつも一緒だもん


この前,下の子がアデノウィルスにかかって学校を

休んでいました。

私が小学生のころは,母が仕事をしている

共働き家庭でした。

母は,いつも仕事を終えてから,買い物をして,家に帰って

くるという生活で,帰ってきてからバタバタと夜ごはんを

用意していました。

学校から家に帰っても親は家におらず,夕方になって

顔を見ます。

だから,学校が終われば,友達を約束をして遊びに行くと

いうのは日課です。

熱が出て学校を休んだ時は,母が仕事を休んで

1日家にいてくれまていました。

私は,姉妹の真ん中ですし,相方も兄弟の真ん中です。

三人の真ん中は結構ほったらかしが多いと聞きます。

学校を休んだ時だけは,親が自分に目を向けてくれる

時間でした。

今から考えると,そんな時間を楽しんでいたようにも

思います。

共働きでも,家族一緒だったなと思います。

うちの子どもたちは,学校から帰れば私がいますが,

いつも一緒だということを忘れないでいてほしいですね。


ホームページはこちらから!!!

成功しようとするより,夢をかなえようとする方が楽しい

せいこうしよとするより夢を叶えようとするほうが楽しい


書のオーダーをいただいたり,

書を書くようになってから思うのですが,

実際に仕事として書くというよりも

いろんな状況や願いを聞いて考えてそれを

文章にしてお送りするというようなことを

しているイメージです。

仕事として,考えてしまうと,なかなか

そういうわけにはいきませんが,

いただいた情報をもとにして,

想いを馳せて,文章を考える方が良いものが

できるようです。

書をお送りすると暖かいコメントをいただけたり

するので,またそれがやる気になっていくわけです。

「成功」が何なのかあまりよくわかっていませんが,

「夢をかなえる」を考えた方が良い方に傾く

ような気がします。

難しいですが,仕事を仕事のみをして考えるよりも

何かを表現するように考える方が楽しいのかも

しれませんね。

仕事である以上,ノルマなどもあってなかなか

難しいのかもしれませんが楽しむようにしたと

思います。


ホームページはこちらから!!!

ただただ元気でいてくれるそれだけでありがとう

ただただ元気でいてくれるそれだけでありがとう



最近,下の子の学年で熱が流行っているようです。

アデノウィルスというプール熱のもとになる

ウィルスのようです。風邪の一種だそうです。

そのウィルスは,通常,幼稚園児,保育園児やそれ以下の

子どもがかかるウィルスのようで,

小児科の先生も,小学校で流行っているのはおどろいて

いると言っていました。

「兄妹に感染するんですか?」と尋ねたところ,

小学校の高学年になれば抵抗力がつくので

通常はうつらないということでした。

感染力も強くないので,大人がかかる

風邪ではありませんと。

ただ,この風邪は熱が続くので,数日間は熱があります。

あがったり,さがったりするようで,39.4℃くらい

から37.5度位を行ききします。

微熱程度の時は元気なのですが,

高熱になるとさすがにしんどそうにするので,

ちょっとかわいそうな感じになります。

やっぱり,元気なのが良いですね。

早く準備しなさい!と怒っているくらい元気なの

方が良いのかもしれません。

病気になって初めて,健康のありがたさがわかりますよね。


ホームページはこちらから!!!

いろんな経験は成長のたね

いろんな経験は成長の種



ついに来ました。この日が。

相方から聞いていました。

小学生高学年の男子はいたずらをする。

そして,先生からおしかりを受ける。と。

そんな事態が近々やってくると。女子は多分ありません。

男子はあります。しかも上の子は,サッカーで,

やんちゃな子たちと遊ぶことは多いので,

多分そんな日が来ると。

ついにやって来ました。

友達8人で公園でボール遊びをしていたそうです。

うちの小学校の近所は,学校にクレームをいう方が多いようで,

公園でも,小学校でも,サッカー・野球はできません。

相方の小さいころは,公園でサッカーや野球まがいの

事をしていました。

家にボールが入れば「すいません」と言って取りに行ったそうです。

そして,謝りに行く時の緊張感がだんだんいろんなことに

慣れさせていくと。

そして,住民の方も寛容な方が多く,その場で怒られても

学校に通報するようなことはありません。

そうやって地域で怒られながら成長したように思ったようです。

しかし,今は,公園でボール遊びをしていたら学校や

警察の通報されます。

先日,遊んでいた8人のうちに,1人の子が,怒られて

腹がたったようで,その人に家のピンポンダッシュをしたそうです。

それを,その家の方が警察と,学校に通報したそうです。

そのピンポンダッシュで小学校の先生が謝りに行き,その主犯?の

子と一緒に8人の呼び出しがあり,先生に怒られたそうです。

そして,先生から我が家も含めて,連絡がありました。

当然,怒ってピンポンダッシュをしたことはしっかりと

怒りました。腹が立ったからと言って,そういうことを

した理由にはならない。一緒にいればしていなくても上の子も

悪いと。なかなかしっくりとは,しませんでしたが。

そんなことがやってくるんですね。

相方は笑っていましたが,上の子はかなりショックだったようです。

謝りに行くのは,親の責任なので構いませんが,

自分のした行動が,いろんな人にどう影響するかを感じて

欲しいですね。


ホームページはこちらから!!!

これから先のどんな困難もきっと乗り越えられる。うんと大きな愛があなたの側にはあるから大丈夫

これから先のどんな困難もきっと乗り越えられる。うんと大きな愛があなたの側にはあるから大丈夫



この前,下の子が計算カードをしていました。

今までは足し算で,10を超えない計算しかできませんでした。

一応,学校で,合格・不合格があるようで,一桁の10を

越えない足し算のテスト?に合格しなければなりません。

これに無事合格し,今は1桁の足し算で答えが10超える

計算をしています。

例えば「6+6」「9+8」などです。

当たり前なのですが,ここまで来るとなんとなく

「15+8」なでどの2桁の計算になっても

頭を少し切り替えるだけで,できるようになるようです。

(これは,上の子と真ん中の子の経験から。)

下の子は,上の子,真ん中の子に比べて計算などは

不得意のようです。

この,10がくりあがるという概念を捉えられたという

ここは大きな進歩です。

つい半月前までは,「じゅうに」といえば「12」ではなく

「102」と書いていました。

「じゅう=10,に=2で,102」。

よくあることなのですが,

「じゅうに」を「102」ではなく,「12」と

書けるところに大きな進歩があります。

下の子は,かなり頭を悩ますところで,「困難」では

ありますが,乗りこえられたことに喜びを感じます。

ほとんどのクラスの子どもたちは,乗り越えているのですが・・・。


ホームページはこちらから!!!

僕の最高の生き方は,自分の価値観・自己満足でよいから自分が落ち着いていきていたい

ぼくの最高の生き方は,自分の価値観・自己満足でよいから自分が落ち着いていきていたい


手づくり市の時にある女性の方が注文してくださった

言葉です。

この注文を受け,私なりに最高の生き方ってなんだろう?

と考えてみました。

皆さんそれぞれ最高の生き方って違うのかなと思います。

人のために生きる,家族のために生きる,自分のために生きる

などなどそれぞれ違うのかもしれません。

違っても良いのかもしれません。

なんとなく共通するのは,「自分が納得しているか?」

というところにあるのではないのかなと。

自分の価値観(納得しているか?)というところに,

人のため,家族のため,自分のためということが

入ってくるんじゃないかなと思います。

「自分の価値観・満足する」にはとても大事なことです。

また,価値観は,年齢や置かれている状況によって

変わってくるとも思います。

小さい子どもがいる,手の離れた子どもがいる,

子どもが自立した,仕事をしている,定年したなど

その時々に違うと思います。

その中でも自分の価値観(納得している)のはとても

重要なことかなと思います。

書きながらそんなことを気付かせていただきました。

ありがとうございました。


ホームページはこちらから!!!

楽は苦の種,苦は楽の種。そうだ,苦の種をいっぱいまこう

らくはくのたね苦は楽の種



「なんでそうするの??」

「楽だから。」

よく耳にします。

子どもたちは,そんなことを言います。

特に下の子は,よく言います。

でも,褒めると頑張ります。

人は,苦しいことから避けるようにできています。

多分。。。

だから,苦しいことがあると,避けようとするのは

当然なのかもしれませんが,

人の苦労と楽の量はみんな同じだったりするのかな

と思ったりします。

その時に,腹をくくって,先に苦労をするか

苦労を後回しにするかの違いです。

苦労を後回しにすると,だんだん苦労が雪だるま式に

大きくなっていきます。

なので,面倒でも,最初に苦労をする方が楽が多いです。

ってこんなことはみんなわかっているんですよね。

でもなかなかそういうことができない。

たくさん苦の種をまくようにしてみませんか?

私もふくめて。。。。。後が楽になります。


ホームページはこちらから!!!

もっともっと自分をだして

もっともっと自分をだして



子どもはそれぞれ性格がありますね。

上の子のサッカーのメンバーたちも,性格が

色々です。サッカーというスポーツは,割と,自分を

主張する性格の方が向いているのかなと思います。

真ん中の子の友達でもいろんな性格の子がいますし,

下の子もそうです。特に下の子の学年なんかは,

まだ,周りに気を使うことをしない子が多いようなので,

性格ははっきりと出ますね。

先日,松岡修造選手のテニス合宿の番組を放送していました。

もともと,真剣な中に楽しいことを織り交ぜる方なので,

楽しい番組になっていました。

その中で,テニスを習いにきている子どもたちの指導の

一部に「もっと自分を出してみたら」というフレーズがありました。

自分を出すというのはなかなか難しいことですが,

松岡選手は,「失敗してもいいから,テニスはどうだっていいから

自分を出してみろ」と言っていました。

テニス指導の番組でありながらそういう言い方をしているので,

いいなと思いました。

子どもたちが勇気を出したことに対して,褒める。

結果ではなくて,その過程を褒めるということは,頭でわかって

いてもなかなかできません。

そういうことを言いながらも番組になるんだなと思いました。

結果が求められる中で,その過程をしっかり褒める。

そして,真剣。そこは,勉強になるなと思いました。

実際は,なかなか自分を出せない子もいますが,そういう子も

いても良いのかな。自分を出せたらもっといいですね。


ホームページはこちらから!!!

お顔を上げてきれいなお空を見よう

お顔を上げてきれいなお空を見よう



昨日,真ん中の子の教科書を読んでみました。

ふと,国語の教科書が置いてあったので,なにげなく

目を通して感じです。

「ちいちゃんのかげおくり」という話でした。

戦争中の話で,自分の影を見て,空を見上げると

影が空に映るというものです。

お父さん,お母さん,お兄ちゃん,妹の4人家族で,

お父さんは,体が弱いのに戦争に行ってしまうことに

なりました。

その,戦争に行く前の日に家族でかげおくり遊びを

するというものです。

お父さんが戦争にいってから,家族3人でいると,

家が空襲に会います。避難している途中に

ちいちゃん(妹)は,お母さん・お兄ちゃんとはぐれます。

次の日,ちいちゃんは,お母さん・お兄ちゃんを探しますが,

見つからず防空壕で過ごします。

そして,数日後,天にめされます。

その時に,お父さん,お母さん,お兄ちゃんもそこにいて,

家族でまたかげおくりをするという物語でした。

この話を聞いて涙が出そうになったのですが,

こどもたちもこういう話を勉強しているんだなと

感慨深くなりました。

私たちの世代も戦争は知りませんが,こういう時代があり,

私たちの時代があり,そして,子どもたちの時代が

あるのですね。

でもいつの時代も空は変わらないのですね。

戦時中に生きた方は,顔を上げて空を見上げて,

乗りきって来られたのでしょうね。

そんなことを感じてしまいました。


ホームページはこちらから!!!

間違えてもいいつまづいてもいいしくじってもいいあきらめなかったらいい

ま違えてもいいつまづいてもいいしくじってもいいあきらめなかったらいい


昨日は,子どもたちの参観日でした。

3人の子どもたちの授業を見に行きました。

授業参観は毎月あります。

その中の授業で,図工という授業があります。

話を聞いて,その時の情景をイメージでして

絵にしていくというものでした。

そう考えると,みんな違う絵を描くのかと思いきや

みんな同じような絵をかきます。

先生が,背景は何色を使って,鳥をどの場所に

書いて。と指示します。

これが3年生の全クラスなのです。

また,先生が,「今日は集大成,失敗したら

今までの努力が水の泡になる」と言いました。

いつも間違えてもいいよ。なんで間違えたか考えること

の方がずっと大事と言ってきた私にとっては

衝撃的でした。

もちろん,今までの努力が水の泡になる場面もあると

思います。競技会,例えばオリンピックや試合などは

そうなのかもしれません。

そういう環境を作るという意味でおっしゃったのなら

理解はできます。

私にとっては,小学生の授業なので,そこまで??と

いう想いがありました。

今の5年生の学年からゆとり教育が完全に廃止になった

と聞きます。

そのあたりも含めて,今の学校の授業がどんなものか

を見るにはとてもいい機会になりました。

私たちのころとはかなり変わりましたし,少し前からも

相当変わったなという印象です。

とても衝撃的な参観でした。

ホームページはこちらから!!!

できることがあるのならすぐにやってみる

できることがあるのならすぐにやってみる


何度かご紹介しましたが,うちは朝学習というものを

しています。

相方の発案で,朝,少し頭を使うことで,朝ご飯をしっかり

食べるようになる。早寝早起きができる。

集中力がある朝の方が効率が良いというものです。

この朝学習。それぞれの子が1年生なったら始めるということに

なっており,上の子で4年半,真ん中の子で2年半と

なります。

この2人は,起きてくると用意されたものをすっと始めます。

下の子はというと,まだ半年で,定着していない?のか

どうかわかりませんが,なかなか始まりません。

上の子や真ん中の子は,起きて無駄なく始めるので,

当然終わるのも早いです。

しかし,下の子は,鉛筆を持って書き始めるまでが遅いのです。

当然,終わるのが遅くなり,だんだん後に伸びていきます。

登校時間前になって,帽子がない。体操服がない。宿題のサインが

ない。と毎日言っています。

まだまだ小さいので,自分がかばんを持ってい登校するイメージが

できないのでしょうか?

その時にけん盤ハーモニカを持っているとか,絵の具セットを持ってい

るとかいうイメージができればなんなく終わるのですが。。。

まだまだ修行が必要です。

まずは,ご飯,朝学習,学校の準備,宿題のサインなど,できることから

しっかりとやってほしいです。

すぐに取りかかるということは,やっぱり大事ですね。


ホームページはこちらから!!!

まずは,自分の進むべき道を見つけること

まずは進むべき道を見つけること



上の子がサッカーをしています。

もうすぐ1年半くらいです。

週末だけでも1年半すると,さすがに,上手になって

くるものですね。

(もちろん1年半前と比べてということですが)

でも,やっぱり公式戦や勝たないといけない試合は

控えのままです。

親の私たちは,上の子が結果的に控えでもいいのですが,

何もしていないじゃないか?という疑問が湧きます。

毎日,少しでも練習をして,控えならそれはそれでいい。

でも,そういうハングリーさ?を見せないまま

控えで何を感じているのかわからないような状態では,

大丈夫なのか?という疑問がわきます。

(厳しいのかもしれませんが。。。)

先日大きな公式戦2試合あり,ずっとベンチだったようです。

今回はさすがに悔しかったようで,

何かを感じてくれたようです。

それが行動に表れてほしいですね。

これを機に「スクールに通う」と言ったりとか何か

情熱を伝えてくれたらうれしいですね。

どうなるかはわかりませんが。

まずは,自分の気持ちに素直になってみる。

そうすると,道が見つかるんじゃないかなと思います。


ホームページはこちらから!!!

秋の自然を楽しみそして感謝

あきの自然を楽しみそして感謝



先日,イモ掘りに行ってきました。

上の子は行けませんでしたが,真ん中の子と下の子を

連れて行ってきました。

二人とも幼稚園の時に行ったことがある

イモ掘り場のようです。

数百年前に川があふれて,そのイモ掘り場一面が

水につかったそうです。

その時に溢れだした砂がそのあたりに堆積し,イモ掘り場を

作っているそうです。

砂地なので,イモがしっかりとまっすぐ成長します。

掘るのもとても簡単です。

砂場の砂を掘っているようなものです。

イモがその中にあって簡単に掘れます。

6株を2人で掘るので5分ちょっと。

さすがに最後の株を掘る時は,「もうちょっとゆっくり。」

と言ってしまいました。

それくらい簡単に掘れてしまいます。

農園の方は,「だいたい幼稚園の子どもたちを対象にしている。

年長さんでも速い子,すぐに掘るよ。」と

言っていましたので,本当に砂場のようなものなんですね。

それでも,イモの育ち具合が良かったので,

イモ掘りをした時の喜びはたくさんありました。

子どもたちに季節ごとの行事を経験させてあげるのもいいのかな

と思いました。


ホームページはこちらから!!!

頑張っている人ほどほめてほしい

がんばっているひとほどほめてほしい



うちの真ん中の子と下の子はよく怒ります。

特に下の子はすぐに怒ります。

上の子はまあまあしっかりしています。

以前,本に書かれていました。

それぞれ表に出る部分と裏に秘めている部分が

あります。

上の子は,甘えさせてあげると,うれしそうな

顔をします。

下の子は,褒めてあげるとすごく素直になります。

真ん中の子は,頑張っていることを褒めてあげると,

とてもうれしそうな顔をします。

子どもなので素直な感じですが,

大人でも同じなんでしょうね。

やっぱり,本当は素直になりたかったり褒めてほしかったり,

自分のことを見てほしかったりするんでしょうね。

ちょっと気付きになりました。

ホームページはこちらから!!!


自然の神秘に魅せられて

しぜんの神秘に魅せられて




昨日の夜,月食がありましたね。

ちょうど,相方の帰宅と重なり,月食を

忘れていた私は,相方の

「月食してるで~」と帰ってきた声で

ハッと気づきました。

子どもたちは,以前,友だちの結婚式の引き出物

のカタログで,注文した簡易の望遠鏡で

一生懸命見ていました。

簡易の望遠鏡なので,なかなかピンとも合わないし,

結構,月を探すのが難しい。と気付きました。

こういう時に俄然やる気を出すのが上の子なのです。

興味のスイッチが入った時のやる気はハンパない。

という感じで,一生懸命になっていました。

5分ほど経つと,うまく合わせられたようで,月を望遠鏡で

見ると,月の模様がしっかりと見られました。

何と不思議なものなんでしょうね。

こんなふうに欠けていくのは,すごく不思議だなと思います。

以前,仲秋の名月の時にも,この望遠鏡で月を見ていた

ようで,その時は明るいので模様までしっかり見えたと

喜んでいたました。今回は欠けるのを見ているので,

一段と不思議な気分になったんでしょうね。

こういう自然の神秘を見るのも子どもの興味のきっかけ

になりそうな気がします。

こういう機会は大事にしてきたいですね。


ホームページはこちらから!!!

待ちわびて心わくわく

まちわびてこころわくわく



子どもたちには,秋の遠足があります。

春の遠足は,歩くことが多いようですが,

秋の遠足は,バスで移動することも多いようです。

子どもたちの遠足の日程は,それぞれ全く違うのですが,

みんな遠足の話をよくします。

「どこの公園に行くから楽しそう」とか,

「○○が見れるのかな。」などなど。

そういえば,私も遠足の場所を聞いた時は

わくわくしていろんなことを考えて

いたなあと思いだします。

小学生,中学生(高校生もかな?)くらいは,

年間行事として,楽しいことがたくさんあるので,

毎年メリハリがありますね。

大人になってからの1年は短く感じますが,

小学生のころの1年は長く感じてしかも記憶に

残るのは,行事がたくさんあるからでしょうね。

秋は,運動会,遠足,授業参観など。

子どもたちにとっては,「○年の思い出」として

刻まれるんでしょうね。

そんな思い出に残る毎日を楽しく過ごしてほしいですね。


ホームページはこちらから!!!

一歩一歩ぼちぼちと階段あがって成長成長

一歩一歩ぼちぼちと階段あがって成長成長


このポストカードは,お客様のオーダーでご依頼を

受けたものです。

文章,イラストともにご依頼がありました。

オーダーをくださったお客様は大変気に入ってくださり

本当にホッとしました。

「お地蔵さまが,階段を上って少しずつ成長していく」という

イラストのご依頼を受けた時は,どんなイメージなんだろうと

思いましたが,なんとか描くことができました。

描いてみると,うまく描けたことと成長するというイメージが

伝わりやすいなと思いました。

お地蔵さんが階段を上るということを想像しませんでしたが,

こうして書いてみると,新しい発見がたくさんあります。

私も,イラストを描いたり,文章を書いたりしながら,

固定観念のようなものができているのかなあと。感じました。

あえて,違うものを組み合わせたり,想像できないもの

合わせてみたりすることで,新しい世界が出てくるのかも

しれません。

こんなことを気付かせていただいたオーダーでした。

ぼちぼち成長することにつながるのかもしれませんね。


ホームページはこちらから!!!

そのちょうしそのちょうし

その調子その調子


子どもたちの運動会。下の子編です。

下の子は,1年生で初めての運動会。

小学校になると人数もおおく,決まった動きを

するので,幼稚園のように何もしないと言うことは

ありません。

下の子は,幼稚園の時,3年続けてポンキッキ体操を

全くしませんでした。

そんな下の子なので,ダンスをしっかりするのか不安でしたが,

さすがに小学生。

しっかり団体演技をしていました。

なかなかしっかりした動きだったので,成長に驚きを

感じました。

団体競技は,玉入れ。これは幼稚園からしている競技ですが,

やっぱり1年生なので,なかなか入りません。

徒競争は,6人中2位。

最初は,3位かも。と言っていたので良く頑張ったと思います。

徒競争の順位も本人は,気になるのかもしれませんが,

やっぱり,団体演技は楽しいですね。

各学年ともしっかり練習がなされているし,

まとまった動きもできる。

小学生になると演技時間が長くなる。

その間しっかりと集中して,演技できるというのは,

やっぱり成長ですね。小学生になって,グッと成長した

下の子を見て,感慨深い思いになりました。

しかし,他の子に比べるとまだまだですよ。


ホームページはこちらから!!!

ちゃんと側にいるよ,ちゃんと見ているよ

ちゃんと側にいるよ,ちゃんと見ているよ



先日,子どもたちの運動会がありました。

今日は,真ん中の子編です。

真ん中の子は,上も下もいるからか

親と真ん中の子でというシチュエーションがあまりありません。

下の子は,幼稚園の年中,年長と私と二人で毎日

登園したり,上の子は,何かと2人になることがあります。

真ん中の子は,だいたい上の子のあとで2回目なので,

ついつい流れでこなします。

真ん中の子にとっては,初めてでも私にとっては

2回目ということが良くあります。

そういう想いもあってか,

真ん中の子は,兄妹の中で,一番

見てほしい,近くにいてほしいという気持ちが強い子です。

当日は,子どもだけで1000人ちょっと。

その親たちはがいるので1000×2?1000人×3?になります。

子どもの位置を聞いていますが,なかなか子どもたちを

見つけられません。

一生懸命見つけても,子ども達は,その1000×2?親の中から,

自分の親を見つけようと必死です。

みんながきょろきょろ,真ん中の子もきょろきょろ。

そして私たちを見つけた時は,満面の笑みで手を振ってくれます。

私たちも大きく手を振ります。

その瞬間,真ん中の子は満足するのかもしれません。

上の子は,見つけても無視するのに。。。

兄妹や年頃で違うものですね。。。。


ホームページはこちらから!!!

いつも全力で

いつも全力で


先日,子どもたちの運動会がありました。

今日は,上の子編です。

上の子は,5年生で,徒競争が100mになります。

5年生くらいになると,速い子と遅い子がはっきりと

分かれます。

運動やスポーツをしている子は,速く,していない子は

速くないことが多いようです。

うちの子の小学校は,走る順番は,くじ引きをして決めます。

だから,速い子と遅い子が混ざったりします。

遅い子がいても,何かで秀でていたりするので,

それでいいのかなと思います。

足が遅くても,絵がとてもうまい。とか。

順位というよりも,子どもたちの頑張っている姿を見るのが

運動会のいいところですよね。

私は,徒競争などがありますが,団体演技が好きです。

音楽に合わせて,学年全員でダンスをする。

うちの学校は各学年150人~200人いるので,

なかなか大きな規模になります。

上の子の徒競争は,順番に恵まれていたようで,1番になれると

思うと言ってたので,相方との約束していました。

「2位から10m放してゴールしたら,カードを買ってあげる」と。

結果,ゴール前で手を抜いて8mくらい放して1番でゴールしました。

相方は,ゴール前で手を抜いたということが,大そう気に入らなかった

ようで,「絶対買わない。」の一点張り。

上の子がいくら「10m放した」と言っても,全く聞きません。

「最後まで全力で走っていたら,10m離れていたのに,手を抜く

からや!」と言っていました。

本人から考えると,「なんで1位で怒られるの?」と思うかも

しれません。

5年生くらいになると,みんな手を抜きます。

速い子は,たいてい5mくらい話して1位でゴール

するので,ジャンプしてゴールする子など色々ですが,

まあ,全力で走りきる子は接戦している子たちだけですね。

これに比べて低学年はゴールまで一生懸命走るので

順位がどうであっても見ていて,気持ちが良いものですね。

これも成長してきたと前向きに受け止めましょうか。。。


ホームページはこちらから!!!
名 前 詩 の 制 作 中

IMG_2733(2)

プロフィール

家族イラスト 母
名前:Bina
特徴:小学校6年生で
   書道準8段。
   ただ今,長年のブランク
   明け修行中。
   ご訪問の際は,ぜひ
   コメントお願いします。
   とってもうれしいです!
   ありがとございます。
家族イラスト 父
名前:相方(お父さん)
特徴:アラフォー世代
   筋肉バカ
   燃費が悪く無駄に熱を発し
   食費がかかる張本人
   体を動かすのが趣味
   超ストイック
家族イラスト 唯
名前:上の子
特徴:鳥と魚とサッカーが大好き
   少年。ゲーム大好き
   中学2年生
   身長急成長
   性格は温厚で平和主義
   相方に酷似
   典型的なB型
   超・めんどくさがり
    家族イラスト 小 (修正)
名前:真ん中の子
特徴:元気のいいわが家の姫
   小学6年生
   まあまあと独裁主義
   正義感が強い
特技:結局押し通す派
   最近はやさしくなって
   お手伝い上手
   スイーツ作り
家族イラスト 旺太郎
名前:下の子
   自由主義・のんき
   しつこめな性格
   尊敬する人は,
   野原しんのすけ
   小学4年生
特技:ブリブリーブリブリー
   カンチョウ
   キレる。笑わせる
   癒しを与える
   最近,急成長              

minneで販売

これまでのお仕事

〇 手づくり市で字遊書販売
〇 日めくりカレンダー
〇 名前・家族の字遊書を販売
 (誕生日・還暦祝・結婚記念日
  ・出産祝など)
〇 名刺作成
〇 年賀状・暑中見舞いデザイン
〇 ポストカード
【めずらしいお仕事】
〇 お店の看板制作
〇 ぽち袋オーダー販売
〇 お店のメニュー表制作
〇 トートバックのデザイン
〇 畳屋さんのロゴマークの
  デザイン
〇 ホームページのバナー作成
〇 墓石のデザイン

私の仕事道具

ペンてる

私の字遊書家としての武器? 
「ペンテル」の筆ペン
なんの変哲もないペン
弘法筆を選ばずっていうけど
私にはこれが一番!!

字遊書家Bina

Binaバナー1-2 (wide190)

最新記事
カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ありがとうカウンター

天気予報!!

明日は晴れるかな?


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

IICHI 販売はじめました

iichi_190x190_b -

お知らせ!

☆日めくりカレンダー
作りました。
お問い合わせは,記事下の
「ホームページはこちらから!」
までお願いします。

【ご注文・お問合わせ】

お名前だけで大丈夫!

誕生日,結婚祝い,還暦などの
お祝いに 名前の詩を送って
みませんか?

ご注文は右側の
「お問合わせはこちらから」か
記事の下の「HPバナー」から
お願いします。

【サンプルフォト】

お問合わせはこちらから

お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容:

このブログへのお問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

ランキングバナー

良かったらポチっお願いします。
ポチっとお願いします。
↓↓ポチっとお願いします↓↓

人気ブログアクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント