字遊書家 Binaの字遊日記

書道の楷書をベースとして,遊びやおしゃれに使用できる創作書道(名付けて「字遊書」)をご覧ください!!!

無償の愛について

愛むしょうの愛



親が子どもの与えるのは,無条件の愛です。

子どもに何かの見返りを求めるのは,

それは,雇用関係や養育になってしまうのかも

しれません。

子どもに対して,見返りを求めないということは

ある意味当然と思う親も多いでしょう。

兄弟・姉妹がいる場合それぞれの希望があり,誰の希望を

優先させるのか,とても悩みます。

お兄ちゃんお姉ちゃんが,思春期くらいの年齢になると,

親には付いてこなくなって独立して動くのでそんなに

気にならないのかもしれません。

お兄ちゃんお姉ちゃんが,小学生の場合,

兄弟でも上の方が優先される可能性が高いのかも

しれません。

その時,下の子たちは納得できる場合とできない場合があり

ます。

親としては,子どもたちへの愛情に差をつけていることは,

全くなく同じように接しています。

ただ,子どもの愛情の許容度が違うのかもしれません。。

少しの愛情で満足できる子やたくさんの愛を欲しがる子

いろいろいるのかもしれませんね。

子どもたちも愛情を受ける喜びを感じてくれたら

そんなに嬉しいことはないです。

うちは,まだまだ無理なようです。


ホームページはこちら!!

↓↓↓↓↓↓良かったらポチっとお願いします↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
ポチっとお願いします。


にほんブログ村

       ↓↓↓たいへん励みになります↓↓↓

関連記事

*** COMMENT ***

NO TITLE

こんにちは~★
確かに子どもには無条件の
愛情与えてますね~。
かわいくてしかたないので。
うちは一人だからいいけど
やっぱり3人もいると、
どうしても全員一緒にってわけには
いかない時もありますもんね。
でもそういう中で成長することも
ありますよね~。
うちなんか当たり前だと思われてそうだなぁ。

NO TITLE

こんにちわ!

親の子供への無条件の愛、ものすごく心に響きますね^^
子供への見返りとは、過剰な将来への期待でしょうか。
親が子供の将来をあんじてできるだけの手をうってあげるのは当たり前ですが、ステージママや教育ママなどちょっとやりすぎのような気もしますね><

NO TITLE

そうですね。きょうだい誰の要求を優先させるか・・・これは悩むところです。
同じように愛しているのだけど、ある時はどちらかを優先させないと成り立たない時があります。

誉める時も、そう。どちらかを誉めると、誉められていない方がすねることもありますね。

きょうだい、誰しも、親から愛されたい、と願っているからこそ、なのでしょうが。親としては、辛いところですね。

NO TITLE

こんばんは^^

同じように愛情を注いでいても、子が不平等って思うのは仕方のない事のような気がします。
でも、大人になったらわかるのですよね。
私もそうでしたが、親の愛情の深さは親になって初めてわかるもんだと思います。

NO TITLE

おはようございます!
わかります^^

うちも休日は3人の子が、まず私に乗りたがる。で一斉に自分の話を聞いてもらおうと話し出す感じです(笑)
親を独占したいんですよね^^

うちの場合、下の子が優先されることが多いかな^^
その分、お風呂とか別のどこかでフォローはしてるつもりですが、やはり子供たちに不平等感は残ってるかもです^^
いつか子供たちと、そんなことも酒の肴にして、一献傾けることができたらいいなと思います(笑)

NO TITLE

こんにちわ^ ^
訪問ありがとうございますo(^_^)o

そうですねぇ^ ^
人それぞれ感じ方も思いも、性格も違いますからねぇ^ ^

上手くは言えないのですが、言葉ではなく感じるもので、
でも、言わなければ分からなくて…
私はいつもあなた達を愛しているのよ〜!!と心で叫んでいました(笑)

一年一年歳を重ねて行くうちに子供も、私達親も、
反省しながら、成長して行くのだと思います^ ^

NO TITLE

無償の愛は親だけに与えられた特権だと思います!
与える喜びも与えられる喜びも、
子育ての真理ですね!

親の愛情が子供への最高のスパイスなのは
間違いないのですが、

成長に伴い色々なスパイスが有る事を知る事で、
埋められない感情を補って成長できるのかな?

良い友達や人との出会いが成長の糧になってくれれば
素敵ですね。


りくたんママさんへ

> こんにちは~★
> 確かに子どもには無条件の
> 愛情与えてますね~。
> かわいくてしかたないので。
> うちは一人だからいいけど
> やっぱり3人もいると、
> どうしても全員一緒にってわけには
> いかない時もありますもんね。
> でもそういう中で成長することも
> ありますよね~。
> うちなんか当たり前だと思われてそうだなぁ。


兄弟がいると,それぞれに同じように接していると思ってても
受け取り側は違うんですね。
一人っ子の良さと悪さはありますし,
兄弟がいる場合の良さと悪さがあるでしょうし,
どちらがいいとは言えませんよね。
結局その子たちが幸せだったらいいんでしょうね。

ヒナままさんへ

> こんにちわ!
>
> 親の子供への無条件の愛、ものすごく心に響きますね^^
> 子供への見返りとは、過剰な将来への期待でしょうか。
> 親が子供の将来をあんじてできるだけの手をうってあげるのは当たり前ですが、ステージママや教育ママなどちょっとやりすぎのような気もしますね><


その通りですね。
主役はあくまで,子どもで,こどもの将来を案じてあれやこれや手を打ってあげるのは,
いいこともありますが,やりすぎると子どものためにならないですよね。
例えると,疲れるからダメと言って運動もさせず,社会にでたら,マラソンの大会に
出場させられ結果を求められるようなものです。
少しずつ免疫をつけておかないとと思いますが,今はどうも違うようです。

親と子の愛情

親が与える愛情を子はその大きさを知らぬままに受けています。
社会人になっても、幼い時よりも解っているかもしれませんが、まだ解っていません。

自分が親になって、与える愛情に子が反応しない。
反抗する。家出する。

その時、親から当たられた愛情の大きさに気付くのです。
「孝行をしたいときに親は居ず。」

誰も同じ軌跡を残します。輪廻とも言えますね。

はあとちゃくらさんへ

> そうですね。きょうだい誰の要求を優先させるか・・・これは悩むところです。
> 同じように愛しているのだけど、ある時はどちらかを優先させないと成り立たない時があります。
>
> 誉める時も、そう。どちらかを誉めると、誉められていない方がすねることもありますね。
>
> きょうだい、誰しも、親から愛されたい、と願っているからこそ、なのでしょうが。親としては、辛いところですね。


その通りです。
どうどう怒ってどう褒めようか迷うところですね。
子どもたちはみんな褒められた行って思っているでしょうしね。

すいかたべさんへ

> こんばんは^^
>
> 同じように愛情を注いでいても、子が不平等って思うのは仕方のない事のような気がします。
> でも、大人になったらわかるのですよね。
> 私もそうでしたが、親の愛情の深さは親になって初めてわかるもんだと思います。


ありがとうございます。
そのとおりだと思います。
子どもは不平等なところにばかり目が行きますね。
親になって気づいてくれればいいと思います。

よしくんへ

> おはようございます!
> わかります^^
>
> うちも休日は3人の子が、まず私に乗りたがる。で一斉に自分の話を聞いてもらおうと話し出す感じです(笑)
> 親を独占したいんですよね^^
>
> うちの場合、下の子が優先されることが多いかな^^
> その分、お風呂とか別のどこかでフォローはしてるつもりですが、やはり子供たちに不平等感は残ってるかもです^^
> いつか子供たちと、そんなことも酒の肴にして、一献傾けることができたらいいなと思います(笑)


なんと,相方も同じように言ってました。
相方も同じような状態でいろいろなことでフォローしたいなとは思っている
ようですが,不平等が起きるんですね。

すもっちさんへ

> こんにちわ^ ^
> 訪問ありがとうございますo(^_^)o
>
> そうですねぇ^ ^
> 人それぞれ感じ方も思いも、性格も違いますからねぇ^ ^
>
> 上手くは言えないのですが、言葉ではなく感じるもので、
> でも、言わなければ分からなくて…
> 私はいつもあなた達を愛しているのよ〜!!と心で叫んでいました(笑)
>
> 一年一年歳を重ねて行くうちに子供も、私達親も、
> 反省しながら、成長して行くのだと思います^ ^


夫婦と同じで,近くに居ても言わなければわからないって
よくありますね。
もう高齢の息に入っている夫婦では,夫の方からしっかり
伝えないとわからないのになと思うことばかりです。
お互いに「ありがとう」と一日1回言うだけでも全くちがうのにな
と思います。

SUN太郎さんへ

> 無償の愛は親だけに与えられた特権だと思います!
> 与える喜びも与えられる喜びも、
> 子育ての真理ですね!
>
> 親の愛情が子供への最高のスパイスなのは
> 間違いないのですが、
>
> 成長に伴い色々なスパイスが有る事を知る事で、
> 埋められない感情を補って成長できるのかな?
>
> 良い友達や人との出会いが成長の糧になってくれれば
> 素敵ですね。


その通りですね。
成長に伴っていろんなスパイスがあるというのは
わかりやすいですね。
子どもたちがどう感じてくれるのかな。
今から楽しみです。思春期になったらいろんな
反応があるんでしょうね。

ijin さんへ

> 親が与える愛情を子はその大きさを知らぬままに受けています。
> 社会人になっても、幼い時よりも解っているかもしれませんが、まだ解っていません。
>
> 自分が親になって、与える愛情に子が反応しない。
> 反抗する。家出する。
>
> その時、親から当たられた愛情の大きさに気付くのです。
> 「孝行をしたいときに親は居ず。」
>
> 誰も同じ軌跡を残します。輪廻とも言えますね。


深い言葉です。
やっぱりわかるには,自分もその立場にならないと難しい
のかもしれませんね。
心の中で,親に感謝しれてたらそれでいいですね。
なかなか子どもから親に感謝を伝えるのも難しく
なりますから。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

名 前 詩 の 制 作 中

IMG_2733(2)

プロフィール

家族イラスト 母
名前:Bina
特徴:小学校6年生で
   書道準8段。
   ただ今,長年のブランク
   明け修行中。
   ご訪問の際は,ぜひ
   コメントお願いします。
   とってもうれしいです!
   ありがとございます。
家族イラスト 父
名前:相方(お父さん)
特徴:アラフォー世代
   筋肉バカ
   燃費が悪く無駄に熱を発し
   食費がかかる張本人
   体を動かすのが趣味
   超ストイック
家族イラスト 唯
名前:上の子
特徴:鳥と魚とサッカーが大好き
   少年。ゲーム大好き
   中学2年生
   身長急成長
   性格は温厚で平和主義
   相方に酷似
   典型的なB型
   超・めんどくさがり
    家族イラスト 小 (修正)
名前:真ん中の子
特徴:元気のいいわが家の姫
   小学6年生
   まあまあと独裁主義
   正義感が強い
特技:結局押し通す派
   最近はやさしくなって
   お手伝い上手
   スイーツ作り
家族イラスト 旺太郎
名前:下の子
   自由主義・のんき
   しつこめな性格
   尊敬する人は,
   野原しんのすけ
   小学4年生
特技:ブリブリーブリブリー
   カンチョウ
   キレる。笑わせる
   癒しを与える
   最近,急成長              

minneで販売

これまでのお仕事

〇 手づくり市で字遊書販売
〇 日めくりカレンダー
〇 名前・家族の字遊書を販売
 (誕生日・還暦祝・結婚記念日
  ・出産祝など)
〇 名刺作成
〇 年賀状・暑中見舞いデザイン
〇 ポストカード
【めずらしいお仕事】
〇 お店の看板制作
〇 ぽち袋オーダー販売
〇 お店のメニュー表制作
〇 トートバックのデザイン
〇 畳屋さんのロゴマークの
  デザイン
〇 ホームページのバナー作成
〇 墓石のデザイン

私の仕事道具

ペンてる

私の字遊書家としての武器? 
「ペンテル」の筆ペン
なんの変哲もないペン
弘法筆を選ばずっていうけど
私にはこれが一番!!

字遊書家Bina

Binaバナー1-2 (wide190)

最新記事
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ありがとうカウンター

天気予報!!

明日は晴れるかな?


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

IICHI 販売はじめました

iichi_190x190_b -

お知らせ!

☆日めくりカレンダー
作りました。
お問い合わせは,記事下の
「ホームページはこちらから!」
までお願いします。

【ご注文・お問合わせ】

お名前だけで大丈夫!

誕生日,結婚祝い,還暦などの
お祝いに 名前の詩を送って
みませんか?

ご注文は右側の
「お問合わせはこちらから」か
記事の下の「HPバナー」から
お願いします。

【サンプルフォト】

お問合わせはこちらから

お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容:

このブログへのお問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

ランキングバナー

良かったらポチっお願いします。
ポチっとお願いします。
↓↓ポチっとお願いします↓↓

人気ブログアクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント