字遊書家 Binaの字遊日記

書道の楷書をベースとして,遊びやおしゃれに使用できる創作書道(名付けて「字遊書」)をご覧ください!!!

学力って何?

学力は総合力


学力は勉強ができる力だけではないんだな。

実は私たちが学力と表現するものは,一般教養又は試験学力となるんじゃないかな。

今の世の中,人を判断する客観的な基準が無いので,いわゆる(試験)学力で判断されるんですね。

でもね。学力って表現の中はとても大きくて,私たちが一般的に持っている学力っていうのは

本当の学力のほんの一部分にしかすぎないんだ。


「コミュニケーション力」

これってあまり評価されない。

自己中心的に話をしたり,人の話を聞かなかったり,話が途切れ途切れで発展しない。

こんなことは,コミュニケーションじゃないと思うな。

コミュニケーションって「ことばのキャッチボール」でしょう。

相手の話に笑ったり,悲しんだり,ムッとしたり。

そんな感情があるから,コミュニケーションになる。

発信したり,受信したり,検索したり。そんなことを繰り返す。

これ以外に,相手の気持ちになれたり,共感したり。これって人間関係ですごく大事。



「体力」

これも一般的な印象としては,ランニングとか走るのが速いってことかな。

でも本当の体力はそんなんじゃない。

難しく言うと生きていく肉体的な力ってことになるのかな。
(本ではそう表現されていたような・・・)

しんどい時に耐えられる。とか。調子を整えてられるとか。

たぶん風邪をひかないのも体力になるんじゃないかな。



「気力」

これは,人としての原点でしょうね。

生き様みたいのにも表れてくる。

本当に大事。やる気。情熱とかとも結びつくのかな。

気力が漲っているときっていろんなことが積極的にできる。

本当に面白いなと感じる瞬間。

その時に面白くなくても,後から考えると「頑張った!」みたいにね。


学力ってこんなことをすべてを合わせたものじゃないかな。

体験で学ぶ。

人と話す中で学ぶ。

やる気から感じて学ぶ。

学ぶ機会はたくさんあるもんね。

日ごろ気付かないだけで。。。

子どもの学力はつけてほしい。知識もつけてほしい。

でもね,人として当たり前のことは必ずできてほしい。

言葉だけじゃなくて,何かしてもらったら「ありがとう」の気持ちを伝えられる。

迷惑をかけたら「ごめんなさい」って気持ちが伝えられる。

そんなことを普通にできてほしい。

テストの点が悪くてもいい。運動ができなくてもいい。

子どもたちはみんな輝く場所があるから。

その場所が子どもによって違うだけ。

その輝く場所でどれだけ輝けるのかって言うのは,学力じゃないかなって思う。

頑張れ!!子どもたち。

君たちは「宝」だ。「可能性」の塊だ。「希望」の塊だ。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村


関連記事

*** COMMENT ***

NO TITLE

おはようございまーす!!

学力かぁ。
今学校では学力向上で
宿題はめちゃ多いし、
自主学習も大変~。

でも学力だけじゃなくて
本当に育てたいものも
ありますよね~。

でもまぁ、学力も大事なのか・・・。

今日も頑張って宿題させねば!

NO TITLE

Binaさんて、本当にステキ!!!本当にそうですよね!!

学校のものさしって、とっても細くて短い。その中の評価だけでは、「?」、って感じることが多いです。

体育は、早く走れて、球技が得意な子は、高い評価。でも、それだけじゃないですものね。

私が尊敬している大田尭先生は、「学問とは、学び問う力」ということを書いておられます。

たくさんの現実の中から、学び、問い、自分なりのこたえを探して行く。
それが、学ぶ力なのだと思います。

NO TITLE

なるほど~

学力の意味をこんなに考えた事はありませんでした~!!

binaさんの目の付けどころにいつもすごいな~って思ってます^^

おっしゃるとおり、いわゆる勉強だけができても、社会では生きていけませんものね。

りくたんママさんへ

> おはようございまーす!!
>
> 学力かぁ。
> 今学校では学力向上で
> 宿題はめちゃ多いし、
> 自主学習も大変~。
>
> でも学力だけじゃなくて
> 本当に育てたいものも
> ありますよね~。
>
> でもまぁ、学力も大事なのか・・・。
>
> 今日も頑張って宿題させねば!


そう,宿題はなかなか勝手にしてくれませんよね。
「コラーっ」って言わないと。
学力を身に着けさせようとしてますが,宿題という大きな壁が・・・。

はあとちゃくらさんへ

> Binaさんて、本当にステキ!!!本当にそうですよね!!
>
> 学校のものさしって、とっても細くて短い。その中の評価だけでは、「?」、って感じることが多いです。
>
> 体育は、早く走れて、球技が得意な子は、高い評価。でも、それだけじゃないですものね。
>
> 私が尊敬している大田尭先生は、「学問とは、学び問う力」ということを書いておられます。
>
> たくさんの現実の中から、学び、問い、自分なりのこたえを探して行く。
> それが、学ぶ力なのだと思います。


知る。考える。不思議に思う。行動する。修正する。
どれも大事なことですね。
学び問う力! 素敵ですね。
学校の勉強さえできたらOK。とはならないようにしようと思います。

ヒナままさんへ

> なるほど~
>
> 学力の意味をこんなに考えた事はありませんでした~!!
>
> binaさんの目の付けどころにいつもすごいな~って思ってます^^
>
> おっしゃるとおり、いわゆる勉強だけができても、社会では生きていけませんものね。


学力って難しいですよね。一般的な印象を言うのは簡単ですが,
いろんな要素があるような気がします。
勉強は一部。そう思うとやんちゃな子どもや,大人しい子どもや,試験学力が低くても
大丈夫って思う。その気持ちが子どもを安心させるような気がします。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

名 前 詩 の 制 作 中

IMG_2733(2)

プロフィール

家族イラスト 母
名前:Bina
特徴:小学校6年生で
   書道準8段。
   ただ今,長年のブランク
   明け修行中。
   ご訪問の際は,ぜひ
   コメントお願いします。
   とってもうれしいです!
   ありがとございます。
家族イラスト 父
名前:相方(お父さん)
特徴:アラフォー世代
   筋肉バカ
   燃費が悪く無駄に熱を発し
   食費がかかる張本人
   体を動かすのが趣味
   超ストイック
家族イラスト 唯
名前:上の子
特徴:鳥と魚とサッカーが大好き
   少年。ゲーム大好き
   中学2年生
   身長急成長
   性格は温厚で平和主義
   相方に酷似
   典型的なB型
   超・めんどくさがり
    家族イラスト 小 (修正)
名前:真ん中の子
特徴:元気のいいわが家の姫
   小学6年生
   まあまあと独裁主義
   正義感が強い
特技:結局押し通す派
   最近はやさしくなって
   お手伝い上手
   スイーツ作り
家族イラスト 旺太郎
名前:下の子
   自由主義・のんき
   しつこめな性格
   尊敬する人は,
   野原しんのすけ
   小学4年生
特技:ブリブリーブリブリー
   カンチョウ
   キレる。笑わせる
   癒しを与える
   最近,急成長              

minneで販売

これまでのお仕事

〇 手づくり市で字遊書販売
〇 日めくりカレンダー
〇 名前・家族の字遊書を販売
 (誕生日・還暦祝・結婚記念日
  ・出産祝など)
〇 名刺作成
〇 年賀状・暑中見舞いデザイン
〇 ポストカード
【めずらしいお仕事】
〇 お店の看板制作
〇 ぽち袋オーダー販売
〇 お店のメニュー表制作
〇 トートバックのデザイン
〇 畳屋さんのロゴマークの
  デザイン
〇 ホームページのバナー作成
〇 墓石のデザイン

私の仕事道具

ペンてる

私の字遊書家としての武器? 
「ペンテル」の筆ペン
なんの変哲もないペン
弘法筆を選ばずっていうけど
私にはこれが一番!!

字遊書家Bina

Binaバナー1-2 (wide190)

最新記事
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ありがとうカウンター

天気予報!!

明日は晴れるかな?


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

IICHI 販売はじめました

iichi_190x190_b -

お知らせ!

☆日めくりカレンダー
作りました。
お問い合わせは,記事下の
「ホームページはこちらから!」
までお願いします。

【ご注文・お問合わせ】

お名前だけで大丈夫!

誕生日,結婚祝い,還暦などの
お祝いに 名前の詩を送って
みませんか?

ご注文は右側の
「お問合わせはこちらから」か
記事の下の「HPバナー」から
お願いします。

【サンプルフォト】

お問合わせはこちらから

お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容:

このブログへのお問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

ランキングバナー

良かったらポチっお願いします。
ポチっとお願いします。
↓↓ポチっとお願いします↓↓

人気ブログアクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント